キャッシングする前には審査に必要な書類を調べておこう

キャッシングは無担保での貸し出しになるので、信用貸しになりますが、そうはいっても、どこの誰に貸すのかを把握しておかなければ、悪意のある人に貸し出すことにもなりかねません。 こちらのように、その日のうちに貸し出すこともあるくらいですから。 そのため、申し込みの際には書類を要求されます。 必要書類は大きく分けて2種類に分かれます。 本人確認書類と収入証明書です。

まず、本人確認書類ですが、これで住所と氏名を確認します。 最も一般的なものは運転免許証です。 社会人ならほとんどの人が所有していますし、顔写真や生年月日もありますのでとても有効です。 これ以外には、パスポート、健康保険証などもOKです。 次に収入を証明する書類ですが、これは借り入れる金額によって異なります。

1社でのキャッシング枠が50万円を超える場合、もしくは、他社のキャッシングをあわせて100万円を超える場合は、貸金業法に基づき、提出することが義務付けられています。 会社の給与明細書はもちろんですが、源泉徴収票や住民税決定通知書などが有効です。 ただし、古いものでは受け付けてもらえず、直近2ヶ月以内が目安になっています。 自営業の場合は確定申告書でOKです。なお、これらはあくまでも一般的なものであり、50万円以下の借り入れでも収入証明書の提出を求められるケースがあります。 もちろん提出を断れば審査を受けることができませんし、企業ごとに提出書類も異なることがあるので、事前にしっかりと調べておきましょう。