債務整理のデメリット

債務整理の最大のデメリットは,弁護士費用がかかるということではないでしょうか。
しかし,弁護士費用よりも多くの過払い金が発覚することや借金の減額などあるかもしれないので,一概にデメリットと言えるわけではありません。
つまりはケースバイケースですね。
ただ,債務整理が必要なほど借金が膨らんでいるということは,それを完璧に把握している人も少ないでしょう。
それだけ借金が増えているということは,お金にルーズと言うことですよね。
だからこそ,債務整理を行う上で費用分のお金が浮くのが多いのではないでしょうか。
まぁ,あくまでこれはデータに基づくわけではなくて,個人の感想ですが。
よくテレビCMでも過払い金請求平均○○万円なんていっているますし,そこまで弁護士費用がかかることはまれでしょう。
あと,債務整理のデメリットは何を行うかによって異なります。
債務整理は「任意整理」「民事再生」「自己破産」など、いくつかの種類があり,それぞれ性質が異なります。
例えば裁判所に手続きする必要があるかどうか,財産(持ち家や土地)を手放す必要があるかどうか。
ですので,一概にデメリットをあげるのは難しいですね。