クリスマスプレゼントのブランド品は買い取ってもらいましょう

学生時代、部活の先輩に誘われて、夜のお店でアルバイトをしたことがありました。
ここは、時給もかなり高く、また、お客さんからも結構お小遣いをもらいました。
また、プレゼントなんかもよくもらったものです。
特に、この季節になると思いだすのが、クリスマスプレゼント。
お店に行くと、色々なお客さんからブランド物のカバンやら、財布、アクセサリーをくれました。
あのころは、とうにバブルがはじけていて、日本中が暗い時代でしたが、お金があるところにはあるんですよね。
あまり、ブランドに興味がない私ではありましたが、いろいろ教えられて、お客さんには、適当にプレゼントのリクエストを、先輩たちに合わせてやっていたものです。
でも、まさか本当に買ってくれるとは!
でも、実際には、私の趣味ではないし、ほしいとも思わない。
どちらかというと、パステルカラー系のもう少し自分なりのものがほしかったけれど、それは、ここらのお客には頼めない。
その後、先輩に連れられていったところは、ブランド員の買取専門店。いやあ、いい値段で買ってくれました。
ブランド品って、こんな値段で売れるんだ!
ほしかったカバンなんて、何個も買えてしまうだけ、儲けてしまいました!
こりゃ、バイト代より高い!
やっぱりこのバイトはやめられないなぁと痛感した記憶がよみがえります。
今の私じゃあ、ちょっと信じられない話です。